任意整理とは?借金をどのくらい減らせるのか?メリットとデメリットは?

任意整理とは?借金をどのくらい減らせるのか?メリットとデメリットは?

任意整理とはどのようなことを指すのでしょうか。

これは、債務整理手続きの一つであり、裁判所を通さずに債権者と任意交渉を行うもので、その手軽さから債務整理の中では最も多く行われている手続きということが出来ます。

メリットとしては、手続きが完了したあとは利息が免除されるのが原則としてあるので完済までのスピードが速まります。

また、比較的自由度の高い手続きですから、複数の債権者の中から一部の債権者を選んで手続きを行うということも出来ます。

自己破産のように官報にも記載されることがないので、第三者に手続きを行ったことを知られることもありません。

もし、今までに支払った中に過払い金があれば、それを取り戻すことも出来ます。


一方のデメリットとしては、手続き完了後は約5年間借り入れを行うことができなくなります。 

自己破産などとは異なり、債務を減額させる効果がそれほど高くはありません。また、最近では債務整理手続きに応じないという姿勢の業者もあるようです。


任意整理手続きは、個人で行うことも出来ますが、一般的に司法書士や弁護士に相談し手続きを依頼することになります。