自己破産とは?相談は弁護士と司法書士のどちらがよいの?

自己破産とは?相談は弁護士と司法書士のどちらがよいの?

多重債務や膨らんでしまった借金に苦しむ人にとって、最後の砦である自己破産。まず実際何をどうするのか理解する事から始めましょう。

自己破産とは簡単に言えば、今ある借金を0にする事です。それにあたって、今ある財産も0にするという事です。

手順としてまず、弁護士や司法書士にお願いして、裁判所からの許可を得ます。それが免責許可です。

免責が下りるためには、一般的には特に大きな問題はありませんが、中には悪用する人がいるため、ある程度の条件が設定されています。浪費やギャンブル、自己破産を前提とした借金、または財産があるのに嘘を付いて申請した場合などで、7年以内に自己破産の経験があると免責は下りません。

しかし正直に相談していれば、裁量免責や一部免責などの方法もあるので、悪用しようとしていない限りは、さほど心配はいりません。

そして重要になって来るのが、相談する相手です。

まず、弁護士と司法書士との違いですが、一番大きな違いとして、司法書士は対応出来る金額に限りがあるという事です。借金が一定の金額以上ある場合は、弁護士へ相談に行きましょう。

また、司法書士の方が費用が安く済む傾向にもあるので、借金が少ない人や、過払い請求がメインの人は司法書士へ相談へ行くのが良いと言えます。

一概にどちらがいいとは言えませんが、自己破産をすると、何度も連絡を取合う相手になります。自分との相性も重要なポイントになって来ます。

まずは無料相談などに行って、自分に合った相手を見つける事も重要です。